我々は40代の妻。お子さんは6階層という9階層の妻。子育てのマキシマム一大外観は過ぎて、ひと段落ついた気がする。今日、私の携帯の住所に入っているのは殆どお子さんの小学生や幼稚園の女性関係の第三者ばっかり。こちらには自分でも驚いている。かつて我々はお子さんが苦手で、自分のお子さんを宝物のように大事に携え、女性が複数集まればお子さんの会談ばっかり、けれども仲間お子さん周りが怪我も起こそうものなら一日で因縁が終わりそうな女性ヘルプという人種が怖かった。初めてのお子さんが生まれた時は、なるべくママたちが集まる種別を避けて生きてきたけど、二人瞳のお子さんが入った幼稚園は重役や女性同士の反映が非常に密で、付き合いが遠慮とも言ってられなくなった。ウィークデーも機会に忙しく、重役は状況前ともなると一週のなかばは出てるんじゃないかとおもうほどに幼稚園に出ずっぱり。その流れで自然にランチやお茶が増えた。勝手に女性という人種を怖がって来たけれど、恐ろしい第三者なんて概ねいない。皆お子さんを頑張って育てながら、ファミリーにビジネスに重役に奮闘する同志だ。自分が真相を崩した時も、お子さんが病気の時も、家庭の中が憎らしい時は不服まで聞いて心配して支える。なんなら旦那として分かって買取る。お子さんはマキシマム大切な穴場で可愛らしい。そうして、産まなければこの人たちにも絶対に出会わなかったんだという。あんまり中毒女性という人種を避けて生きていただろう。お子さんは我々にそういう意味でも知らなかった国々を教えてくれた。我々を通じて今そばになった女性ヘルプは、ひとまずお子さんが大きくなっても友達のままでいられるかけがえのない付きになった。