この秋から、診療取引カテゴリーに通い始めました。思い切り装着に直結しない権利ではありますが、診療保険編成やお越しサラリーに対して学べるので勉強になります。今まで漫然と病院にかかっていましたが、会合や、ウィークデイ・休祝日で初再診料金だけでも全く違うことや、診断や対処、薬剤など、結果が想像以上に細長く付いていることを知って、各回賛美な神秘だけです。前回は「病理診断」について実習しました。従前、ドラマ「フラジャイル」で大好きなTOKIOの長瀬ちゃんが病理医役を演じられていて、各週見ていたので、いつもはちんぷんかんぷんなひとつひとつ伝達もモードしやすかっただ。病理診断に関する診断料金や確立料金は、その医者に専任の病理医がいるかどうかで大きく異なるので、「長瀬ちゃんがいる病院の病理診断料金は○○で、長瀬ちゃんがいない病院の病理確立料金は××で……いっそ長瀬ちゃんがいる病院で働きたいなあ……」などと、空論にふけってしまいました。診療取引カテゴリーは終了後に3講義のパワー探索トライアルがあるので、こういう年末年始は習得漬けです。カテゴリーの当初で学習した診療保険編成などはもはや忘却の彼方なので、復習して思い出さなければ……一緒に受講している教え子くんたちと共に満足できるみたいに対するぞ!